脱毛サロンで使われているマシンを比較してみた!

脱毛サロンのマシン比較

脱毛サロンにはそれぞれ導入している脱毛マシンがあります。この脱毛マシンには性能がそれぞれ異なっています。その性能の違いによって、脱毛時の痛みの程度や脱毛そのものの効果、脱毛にかかる時間、肌に対するケアなどが差となって出てきます。脱毛するときに痛みを感じにくいことや、なるべく短時間で脱毛を終えたい場合、サロンがどのような性能のマシンを使っているか事前に調べておくと良いでしょう。こちらでは主にマシンの比較を行っていきます。

脱毛の痛みを和らげてくれるマシン

サロンで脱毛するとき、ほとんどが光(フラッシュ)脱毛といって、光の熱で毛根を焼き、脱毛する仕組みになっています。この毛根を焼く際に痛みが発生しますが、毛根だけでなく肌に熱が伝わることもあり、それが痛みの原因になったりします。その痛みを最小限にしてくれるのがマシンに備わっている冷却装置です。冷却装置のついていないマシンを使っているサロンでは、冷却ジェルが使われますが、このタイプのマシンはそれが必要ではありません。そのため痛みが少なく、効率よく脱毛できるようになります。

患部冷却装置がついた脱毛マシンとは

たとえば脱毛サロンのキレイモでは、ジェルを使わない施術が有名で、高性能な患部冷却装置がついている脱毛マシンを使っています。
そのほかエタラビが使用しているPLASMA Moraという新型マシンは、、水冷式の患部冷却装置を内蔵、ジェルを使った施術ですが限りなく痛みの少ない施術が可能になっています。最近のマシンにはどれもこうした冷却装置がついていますが、旧型のものには内蔵されていないケースも多く、サロンを選ぶ際には冷却装置の有無にも気を付けたほうが良いでしょう。

とにかく早く脱毛したい!

痛みはともかく、早く脱毛したいという方は、脱毛ラボで使用されているラボマシンガン・クリプトンSEVがおすすめです。こちらのマシンは高速連射が可能なので一度に広範囲の脱毛ができます。全身脱毛にかかる時間は最短で60分と非常に短いのが特徴ですね。もっと早いマシンをご希望ならシースリーで導入されているC3GTRがオススメ。ハイスピードマシンとして知られ、全身脱毛にかかる時間はなんと45分です。そのほかミュゼで行っているミュゼエクスプレスというサービスでは、新型マシンが使われていて、これも短時間での全身脱毛が可能になっています。

関連記事

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP